訪 問 者 数

  •  2006.01.22~
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

❀❀❀❀❀

無料ブログはココログ

« カルビーお菓子詰め合わせ | トップページ | 娘の仕業 »

お友達は楽しい☆

実家によって、お届けものを分け合ってから最近恒例のイオンSCへ。車でラジオを聴いていたら、今日は公開生放送で秋田出身の加藤夏希さんがゲストで来ているということで、聞いていたラジオからそのまま生放送が流れてきたので急いでイオンに向かってみた。(別に熱烈なファンとかではないけど、秋田出身の女優さん?モデルさん?タレントさん?をちょっとのタイミングで見られるか見られないか・・・だったら急ぎましょ♪って感じでネ!)

到着すると、公開生放送がちょうど終了したところでがっかり(>ε<)・・・と思ったら、その場にいる人だけに送るトークショーみたいな感じでまた仕切りなおして出てきていろいろお話をしてくれた。生で見ての強烈な印象といえば・・・顔がすごくちっちゃかったな~。&夏で焼いたのか、地黒なのか?意外と黒かった(⌒▽⌒;)

しかし、娘がじっとしていなくてまかり間違うとステージの方へ逃走しそうな勢いだったので、仕方なくトークの途中で退散。パパはサッカー、私と娘はキッズコーナーへ・・・。

✿ฺ:*:・・:*:✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・ ・:*:・✿ฺ:*:・ ・:*:✿

今日も娘よりきっと年下のやんちゃな男の子が、ジムに登ろうとした娘の手をつかんで振り払うという試練があった(´Д`;)

娘ときたら2、3歩後ずさってから両手でお目目を隠して泣くような感じで、なんと地面にひれ伏した!もしや、打ちひしがれているのか、お前は(笑)!?

何回行ってもその男の子に邪険にされては打ちひしがれて地面に身を投げ出して泣くようなそぶり・・・でも、実際は泣いていない。

おぬし、やはり演技派だな?

でも、何度もやられてはまた怖気づいて遊べなくなっちゃいそうだったので、そばに行って別のジムに誘って「ママもいるから大丈夫だから」と遊ばせた。家にいる時、っていうか、私に対してもこれくらいいじらしかったらなんだか優しくできそうな気がするのに、家にいて、私の前では超憎まれっ子だからね、内弁慶ってやつですil||li _| ̄|● il||li

✿ฺ:*:・・:*:✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・ ・:*:・✿ฺ:*:・ ・:*:✿

そんなに混んでいるわけでもないのに、オーダーしてから注文したものが出てくるまでがやたら長い、こんなに待たされたことはないんじゃないかってくらい長く待たされて、お昼はスパゲッティを食べた( ̄Σ ̄;)

娘の機嫌は絶不調で、わけも分からずただ座らせられて待つ時間に泣くわ暴れるわで大変だった(-公- )

ゆっくり食べることもできずに食事を終えたあと、はじめてゲームセンター、プレイランドソピアのファミリーパークに行ってみた。子供が400円でかならず保護者も付いて入場するという決まりで保護者は入場無料。靴を脱いでビニール袋に入れて持たされて入場。

パーク内の壁際にはベンチやベビーベットや、無料の2台のマッサージチェアまでもがあって、子供を遊ばせている間の保護者もリラックスして見ていられる様な感じ。はじめは私と娘だけで入場したけど、すぐにパパも来てさっそくマッサージチェアを堪能して居眠りしてた(*^m^*)

大きな遊具は2、3歳くらいになったら登れそうな互い違いのステップを登っていくタワーからすべり台やつり橋へと移動して自由に遊べるような感じだったけど、うちの娘にはまだ早すぎてメインの遊具はほとんど無意味なものだと思われた。

Dscf3678                                  

                                  

                                 

4つのタワーが上部でつり橋やネットのトンネルや長短のすべり台やボールルームにつながっている大型遊具。

Dscf3662                                 

                             

はじめのうちは平地からすぐに入れるボールハウスで楽しげに遊ぶ娘(≧∇≦)b

大胆に身を投げ出しては大はしゃぎでした♪

Dscf3670                                  

                                 

そのボールハウスの奥にあるネットジャングルを登ったところにあるすべり台。パパが来る前、初めは連れて行ったら泣いちゃったので私が抱っこして登り(いいのか、妊婦?)すべり台を一緒に滑ったら笑って満足していた娘。

Dscf3671                                 

                              

今度はパパがついて教えてあげるとこのとおり!!!

Dscf3672                    

                   

Dscf3673                               

                                 

                                 

Dscf3674                     

                   

まあ、なんとたくましい1歳児☆

                    

Dscf3675                              

                                 

2時間半遊んでいるうちになんとあんな高いところのつり橋まで渡っちゃうようになった娘。さすがにママは体重制限あるのかないのか分からないけど、つり橋なんかは怖くて渡れません。下から見守るだけです(*゚‐゚)

こんなことまでできるようになったのは、面倒見のいい優しい小学生くらいのお姉ちゃんがやたらと娘を気に入ってくれて「あの子はどこ?連れてってあげるから!」って次から次へと高いところへ、楽しいところへ連れて行ってくれたから♪ちなみに私もきっと『大きいお友達』と勘違いされて「来て!こっちだよ!」なんて結構高いところまで連れて行かれました。途中、本当に自分が妊婦だってことを忘れてしまってましたヾ(´▽`;)ゝ

そのお姉ちゃんとの出会いは高いところにあるボールルーム。

娘が調子に乗ってタワーのステップを2段くらい登った所にあるボールルームに乱入した時にいた兄妹の子。乱入したはいいものの、深いボールハウスに足を取られて沈みまくって怖くなって「ママ!ママ~!」って助けを求めた娘に母性本能をくすぐられたのか、それからとてもよく世話を焼いてくれて可愛がってくれた。

今まで、キッズコーナーなんかでも『お友達は怖い』とか『近寄ればいじわるされる』とかいやな印象が付きまとって引け腰だった娘も、その子の愛情が伝わったのかキャッキャと本当に楽しそうに笑って転げるように走って大きいお姉ちゃんの後を必死でついて歩いた。そして、ママも信じられないくらいいろんなところに世界を広げて遊んでくれた。

いろんなところに登ったりして遊んだ、いろんなことができるようになったということよりも『お友達と遊ぶと楽しい』ってことを教えてくれたあの子・・・。

今日は、あの子に感謝です・゚・(ノД`)・゚・

✿ฺ:*:・・:*:✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・ ・:*:・✿ฺ:*:・ ・:*:✿

ゲームセンターでも少し遊んだ・・・。

Photo_20                                 

                                  

大好きな電車『カンカンカン♪』のリズムにのってご満悦♡

                                

Dscf3654                                  

                               

アンパンマンのもぐらたたきははじめはこう・・・。

                                                      

Photo_21                              

                           

途中から娘が横から手を出して叩くので、それが危なくてパパはろくに叩けませんでした(⌒▽⌒;)

楽しい一日、帰りの車に乗ったとたん、娘は眠りにつきました。よっぽど疲れたんだね、でも、充実だったよね!?

                   

« カルビーお菓子詰め合わせ | トップページ | 娘の仕業 »

ゲーム」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

こうさろんちゃんは子分肌かぁ(*^m^*)可愛いじゃないですか、うちは今のところこうしてしおらしいところも見せてるけど、姉御肌?ってかガキ大将?(´Д`;)
次の子が生まれたらやきもちを焼いてダダをこねるんじゃないか、それでもしかして優しくできないんじゃないかと心配で『小さい者』に慣れさせておこうと、この日実家に寄ったときに私が小さい頃に遊んでいた赤ちゃんサイズのお人形をもらってきました。ねせるとお目目を閉じるリアルなタイプの・・・。車の中で抱かせようとしたけど、さっそく「いやっ!」ってそっぽを向いてしまったil||li _| ̄|● il||li
この先が思いやられるわ・・・。

ちょっとした集団に入れたときの子供のとまどう姿や打ちひしがれる姿は親心をきゅっと締め付けますが、親子共々乗り越えなきゃいけない壁なんでしょうね・・・。

うちの子もあたし似で立派な内弁慶です~♪
しかも子分肌なので、すぐ泣かされるか泣きまねします~(笑)
強いものについていくから、相手も「よし、お前ついて来い!」みたいな構図になっててはたから見てたら微笑ましくて面白いけど、泣かされて帰ってくる…(苦笑)
保育園とか、こういう場所で強くなってもらいたい反面、事なかれ主義なのであまり連れて行きたくないのもあって。
inomamaさんはえら~い!!
こうさろんはちびうさろんに泣かされるんじゃないかと今から思案する母です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カルビーお菓子詰め合わせ | トップページ | 娘の仕業 »

Twitter

放射能関連情報

OKfood