訪 問 者 数

  •  2006.01.22~
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

❀❀❀❀❀

無料ブログはココログ

« 久々♪お届けもの | トップページ | 二語文を話す »

安産祈願と厄払い

妊婦は5ヶ月になったら戌の日に腹帯を締めると安産になるという慣わしがあります。

今日はちょうど戌の日にあたり、安産祈願のお参りに唐松(からまつ)神社へ行ってきました。結縁、授子、安産、子安で御利益があると全国放送でもよく紹介されて有名な神社です。用意した腹帯も持ってお清めをしてもらい、家に帰ってからさっそくお腹に巻いてこの子の安産を祈ります。

皇室の紀子様もちょうど今日男の子を無事にご出産されたというニュースを聞き、あやかって私も無事に産めたらいいな~なんて思いながら出かけました。

Photo_23

                                 

                                

                              

                                 本当は今年の2月頃には済ませておくべきだった本厄の厄年払いもまだだったので、今日安産祈願とあわせてそちらの方もお願いして厄を祓ってもらってきました。

低頭してお祓いしてもらったあとに、身代わりになる物なのか?・・・木の柄のついたお祓いのもの(名前が分からない)を渡されて、それに女の厄年の数、33回「フッフッフッ・・・」と息を吹きかけ、それで自分の体を上から下までこするように祓って、神社の奥を下っていったところにある川へと流しました。鮎も棲むという清い川がさやさやと流れていて、私の厄はそこに静かに流れていきました。

なんか、すっきり♪

娘を授かった時にも安産祈願に行き、無事生まれてからはお果たし参りに行き、おかげさまですくすく育っている娘をつれてのお参りでした。前回2回とも女の神主さんにお清めしてもらっていましたが、今回ははじめて男の神主さんにお清めしていただきました。神主さんはどなたもいつもとても穏やかで、お清めが済んでから軽くお話をしているだけでとてもリラックスした穏やかな気持ちになる事ができます。これぞまさに神様にお仕えする方々の姿なんだろうな~と感じます。

Photo_24

                                

                                 

                                    

神社は県天然記念物のとても立派な杉の参道並木の奥にあります。神社というと『上にある』というイメージがありますが、ここは杉並木の奥に続く道を下り、さらに階段でぐっと下りたところの深い杉の森の中、にまさにひっそりとたたずんでいる・・・というかんじのところ。神聖な雰囲気が漂っています。『もののけ姫』の世界をふっと思い出すようなところです。Photo_22

                                    

                                  

                                 

その神社でお清めが済んだら、階段を登り、ゆるい坂道を登って入口の方に戻り、杉並木の脇にあるお庭の中に祭られている『石』もお参りします。左回りに回ってお参りするのです。

                           

Dscf3724                            

                            

                            お庭の中の池に浮かぶ石で作られた島のようなところに安置されている霊権現たかな石は3石あり、むかって右から抱石男石(授かる)、女石(安産)、玉鉾石(結縁子安)が祭られています。

橋を渡り、カランカランと正面で参拝し、それから左回りに建物を回り、裏手にある石をお参りします。今回のように安産祈願の時は真ん中のまんまるの卵のような形の女石を撫でて、その手で安産を願いお腹や腰など痛まない様にと自分の体の無事を祈るところを撫でてお祈りします。妊婦以外の人も、お参りしたときは自分の体の気になるところに触れて健康や安全を祈るとよいそうです。子宝を願う人の場合は男の人は右の石、女の人は左の石を撫でるのだと思います。

✿ฺ:*:・・:*:✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・ ・:*:・✿ฺ:*:・ ・:*:✿

旦那は仕事が夜勤明けで神社に連れて行ってくれる事になっていたので、段取りよく準備しておかないと眠くて大変だろうと思い、夜2時頃に起きて出かける準備や片づけをしていました。すると朝5時頃だったか、玄関が突然ガチャっと開き、ギョッとすると旦那でした∑(゚∇゚|||)

自分でもさすがにキツイと思ったのか、急きょ半休をもらい帰ってきたそうです。それにしても、開くはずのないドアが予想外の時間に開くと本当にビックリしちゃいます(;^_^ A

ちょうど資源ごみの日で、ダンボールや新聞など重いものがたくさんあったので大変だな~と思っていましたが、旦那が早く帰ってきてくれたおかげでそれらは全て捨ててきてもらい、大助かりでした。

職場の皆様、急にお休みいただいて申し訳ありませんでした。

おかげさまで戌の日の腹帯をきょうからバンと巻き、しっかり安産できるように頑張ります(*^m^*)

« 久々♪お届けもの | トップページ | 二語文を話す »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

妊娠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久々♪お届けもの | トップページ | 二語文を話す »

Twitter

放射能関連情報

OKfood