訪 問 者 数

  •  2006.01.22~
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

❀❀❀❀❀

無料ブログはココログ

« かまくら | トップページ | 安心 »

みぞおちと右の肋骨下

肋間神経痛だろうか?

ビリビリと痛む。

なんなんだよ~

痛みに不安が募り、ますます具合が悪くなる。

楽観的な私は

『火曜水曜とやった腹筋の筋肉疲労が出ているだけだろう』

と思えるのに

もう一人の超ネガティブな私は

『やっぱり内臓どっか悪いんだろうか???』

ってどんどん深みにはまってく。

掃除も、料理も、子供に笑いかけるのも、何もかもいや。

頭の中は、ただ、

「痛み、なくなって・・・」

それしかない。

不安に緊張しっぱなしの身体が悲鳴を上げているよう・・・

手足の神経が疲れてガクガクわなわな常に震えてしまう。

キクちゃんが調子悪い時に

「震えがきて怖くなったから病院行きたい」

そういうときの気持ちがすごくよく分かった。

いつも「大丈夫?」とか言いながらも

「またぁ・・・大げさなこと言っちゃってサ、もう」

なんて内心思っていたのを深く反省。

こんな気持ち、こんな具合だったんだろうと超実感してる。

30代半ばの私でも死を感じれば怖いのに、85歳のキクちゃんならもっとどんなにか怖いことだろう。

これからはもっと親身に話が聞けそう。

私の具合の悪さ、特に夜になると不安が強くて精神的に参ってしまうこの状態をパパはとてもよく理解してくれる。

何をしてくれるわけでもないけど、

数年前にパパ自身もこんな体調不良を味わって苦しい思いをしていたから、

今の私のムラのある体調や気分の事をよく分かってくれてそっとしておいてくれる。

「いいか?」

「痛いのか?」

「大丈夫か?」

私がうめくたび、うずくまるたびに気付いて声をかけてくれる。

そのほんの一言一言に、

いつも無神経なパパが、今どんだけ私に気持ちを張り巡らしてくれているのかと思うと申し訳なくなる。

今は少し甘えて、気乗りしない事はやらない。

無理はしない。

早く元気になるために、

つらいときは休ませてもらうことにしよう・・・

ごめんね。

« かまくら | トップページ | 安心 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

体調はこの頃すっかり良くて、炊事もとっても楽しくなってきた。
具合悪い時は『何か作らなきゃ』って思いで必死に作る感じだったけど、今は『あれとこれと、その間にこれも作ろう』とか、楽しく能率よく出来るようになって来たよ
楽しく作れたご飯はまた旨いんだ。自分で言うのもおかしいが(笑)。
パパだけじゃなく、いろんな人にいろんな形で支えられて、私は幸せいっぱいだよ。
本とアリガトねっ

パパ優しいねちょっとほっとした。一番近くにいる人が親身になってくれないと、不安増大するからさ。今は家族のために、元気になること最優先だね多少、家事おろそかにしたって大丈夫!パパだってキィが元気になってくれるのを一番願ってるはずだよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« かまくら | トップページ | 安心 »

Twitter

放射能関連情報

OKfood