訪 問 者 数

  •  2006.01.22~
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

❀❀❀❀❀

無料ブログはココログ

« 歯の表彰!? | トップページ | 術前検査 »

今夜はお寿司♪なぜ?

昨日の晩御飯のときに

「明日は私遅いから、晩御飯はいいからね」

といっていたお義母さんから6時半頃に電話がきた。

「ご飯もう作っちゃった?今、お寿司買ってくから、母さん(=キクちゃん)も呼んどいて」

???

どういう風の吹き回し?

先日20日のお彼岸の時に、墓参りの後で珍しく同じ場でお茶を飲み、会話をしていたお義母さんたち2人。

仲直りしたのか???

キクちゃんに30分後にうちに来てもらえるように電話で伝えた。

「何したベか?握手(=仲直り)する気だベか?」

ちょっと嬉しそうなキクちゃん。

さて、お義母さんがお寿司を持って登場。

「ただいま~

「お義母さん、今日はまたどうしてお寿司だったの?」

するとお義母さんは振り返って、テレビに映るWBC制覇の映像を指差し

「ほら、コレよ日本、勝ったでしょ

あぁ、そうか・・・

お義母さんってこういう人。

楽しい事大好き。

でも、内心歩み寄りを期待してきたキクちゃんはそれを聞き、上座で憮然としてる

残念ながら・・・という事でした。

でも、お義母さんは「みんなで一緒に」って買ってきたんだから、それでいいんじゃないかな?

なんともいえないムズカシイ空気も、邪気のないチビっ子たちのおかげで、WBC優勝祝いの晩御飯は楽しく。

食後は持ち帰りの仕事があると言ってお母さんが先に切り上げ。

キクちゃんはしばらくうちで語り・・・。

義弟が仙台に行っても、いずれその彼女を連れてここに帰ってくるだろうと思っているらしく、台所の床を張り替えるとか、リフォームにまた投資するような事を言い始める。

キクちゃんちだから、まぁ、どうでもいいことなんだけど、

隣のうちはもうキクちゃんの代で終わりになる予定の家。

義弟も出て行き、ここに住んで生活するためにはもう戻らないという気持ちでいる。

お義母さんも来年には出て行き、たぶん戻る気はない。

それなのに、誰かが同居して暮らしてくれるだろうという期待でリフォームにお金をかけるのは気の毒で、私は言った。

「でも、○○(義弟)はもうここに帰ってきて住む気はないようなことを言っていたみたいだよ」

「え!?・・・んだか?(そうなのか?)・・・」

やっぱ「予想外!」みたいな反応。

さっきに引き続き、またしても期待を裏切るような事を言ってしまってゴメンね。

「せば、●●(お義母さん)は来年退職になれば、なんとするベか?だまって(何もしないで、働かないで)ここに居る気だベか?年金出るまでだまって働いてればいいのにな?」

「・・・・・」

それに対しては、口が裂けても言えません。

お義母さんが来年の今頃から、キクちゃんを捨てて家を出て行きますなんて、

知っていても、絶対に今から言うわけにはいきません。

親戚で、親を施設に預けっぱなしの人達のことを非難して、

自分は絶対に施設なんかには入らないと豪語する。

自宅に居て、だまって寝ているばかりでも、それが一番幸せなことなんだと常々言う。

でも、それはあくまでも本人としての理想。

動けなくなって、自分のことが自分でできなくなったとき、

面倒を見てくれる人がいなければ、

いやでも施設などにお世話にならなければいけなくなる。

だから、お義母さんと仲良くしなきゃいけなかったのに・・・。

子育て真っ盛りの私たち孫夫婦にできることは限られている。

どうしたってキクちゃんより、自分の子達、自分の家庭の事が優先になる。

今みたいに、食事の世話くらいはできたって、寝起きの世話や、お風呂や、排泄や、そういう付きっきりの介護は出来ない。

だって本来は、もう子育ても終わって手の空くお母さんがやるべき立場。

その人がいなくなってしまったからといって、私たちが丸っきりの責任は負えないよ。

ふぅ

なんか、先の事考えたくない

でも、気が楽になる話も一つ

家を建てるときにキクちゃんの希望で我が家の家の入り口に残された松の木。

これがとても邪魔だった

キクちゃんの土地だから文句は言えない。

しかし毎度車を切り返さなきゃ駐車できないし、

我が家の前だというのにパパでさえも時々、松を囲ったブロックに車をこすった

松の木の管理にはお金がかかる。

敷地内に4~5本ある松の木の手入れに2~3年置きとはいえ、

○万円の経費がかかる。

キクちゃんが居るうちはキクちゃんが管理しているけど、

それを引き継いで管理していける自信は全くありませんでした。

松葉の掃除も、春先の花粉も、正直うっとおしい存在でした。

キクちゃんが今年これらの松の木を

自分がしっかりしているうちに

なじみの松屋さんに処分してもらうように手配しているというので、

ありがたいです。

家の前、スッキリです。

掃除も楽になります。

車の出し入れも、ものすご~~~く楽になります

« 歯の表彰!? | トップページ | 術前検査 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歯の表彰!? | トップページ | 術前検査 »

Twitter

放射能関連情報

OKfood