訪 問 者 数

  •  2006.01.22~
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

❀❀❀❀❀

無料ブログはココログ

« 午前保育 | トップページ | ゾウムシVSシマトネリコ »

理由がわかれば・・・

午後から幼稚園の大掃除へ

夜勤明けのパパがその足でサッカーの練習をしてきて、

その帰宅を待って子守バトンタッチ

霧雨の中チャリこいで行ってきました。

たとえパパが乗らない車がここにあっても、

たとえ小雨が降ってたとしても、

運転の下手な私は車よりチャリの方がいいのです

いろんなママさんとおしゃべりしながら楽しくお掃除。

今日はある決意を持って幼稚園に向かったのだけど、

お話をしたいお母さんが来ていなくて肩すかしでした

バスでいのが到着する時に

「いのちゃんのお母さんっ!今日いのちゃんのおうちで遊ぶ!」

と言ってくる子がいて、毎日断っていました。

                                                               

「ゴメンね、おうちの人と一緒じゃなくちゃ遊べないからね」

「ゴメンね、一人で来たら危ないからね」

「ゴメンね、もっと大きくなったら今度遊びに来てね」

                                                             

「じゃあ、いのちゃんが家に来てよ!」

                                                                

「ゴメンね、いのもまだ小さくて一人では行かせられないからね」

                                                               

「じゃ、お母さんも一緒に来ればいいじゃん!」

                                                               

「ゴメンね、下の子もいるから行けないの」

                                                            

毎日毎日。

何度断られても懲りずに声をかけてくる。

毎度断るのは本当に心苦しいのだけど、

子供同士だけで遊びに行き来するには遠いおうちの子。

両親は働いているので、日中は祖父母が面倒を見てくれているらしいのだけど、

大人なしでこんな遠くの公園にも一人で遊びに来てしまう子。

うちに来る途中に事故にあったとか、いなくなったとか言われても困る。

そうしているうちにいのだって一人でその子のうちに行くとか言い出したらそれも困る。

でも、今の私は自分の子達だけで精一杯で、親が構えない他所の子の面倒まで見てやる余裕なんてない・・・というのが一番正直な気持ち

いのに聞くと、うちだけでなく幼稚園を出発してからバスが止まるたびに、

そこのお母さん、ここのお母さん、かまわずにとにかく

「今遊びに行くから!」

「今日ここで遊ぶから!」

と言ってはダメよと断られているのだそう・・・。

毎日みんなに申し込んで、毎日みんなに断られるその子の気持ちを思うと

なんだかかわいそうで、たぶんこんなことは知らないその子のお母さんに伝えた方がいいと思った。

何度断ってもその子が毎日同じことを言うのは、

なんで子どもだけで遊びに行っちゃいけないのか?

なんで危ないのか?

なんでよそのうちで遊ぶというとみんな困るのか?

                                                            

その意味が分からないからだと思う。

バスが到着していのが降りてくるまでの間に、

窓にかじりつくようにして訴えてくるその子に、

なんで断るのか、なんでまだ小さくてダメなのかという理由を分かるように教えるには時間が足りなくて、ただゴメンね・・・と断って終わっていく会話。

                                                            

ちゃんと自分のお母さんに意味が分かるまでゆっくり教えてもらい納得できたら、

もう毎日みんなに断られるような事を訴えることはなくなると思って、

その子のお母さんにその話をしたいと思って幼稚園に行ったのだけれど・・・。

昨日はバスの中で、うちに来るこないでいのとその子は言い争いの喧嘩をして帰ってきた。

先生が付き添ってなだめていた。

バスが着くなり窓に食いついて

「いのちゃんのお母さん!いのちゃんが私行っちゃだめって言うんだよ!」

「私が何回行くって言ってもダメって言うんだよ!」

                                                           

そう私に訴えてくるその子が本当に気の毒。

その日もやっぱり私は「ごめんね・・・」と言うしかできなかった。

どの先生もいつも仕方なさそうに苦笑い。

今日はその事を先生に相談して、その子のお母さんからゆっくり教えてあげてもらえるようにお願いしてきた。

                                                             

今はだいぶ落ち着いたけど、うちのいのもかなり自己主張が強く

やりたい事、言いたいことははっきり主張する子というところでは、

その子と似通ったところが感じられるから、なお気にかかる。

入園したての頃はどうしてうちの子ばかりこうはじけてるのか、

幼稚園生活にちっとも怖気づかないわが子を誇らしく思いつつも、やや悩んだものだった。

でも、一つ一つ、親が言って聞かせればわかっていく。

自分がしたいと思うことをなぜ我慢しなければならないかとか、

なんで思い通りのことばかりしてはいられないのかとか・・・。

                                                          

訳もわからずに、毎日断られ続けていく子供の心が傷つかないわけがない。

お母さんに教えてもらって、

夏休み明けには、ちゃんとわかってくれていたらいいけどな。

                                                            

いのは最近ようやく文字を書くことに目覚め、毎日お友達にお手紙を書いては持って行きます。

今日は、その子にお手紙を書いていました。

うちに来るのは断っても、幼稚園ではとっても仲良しなのです。

子供達の関係がギクシャクしないように、うまくおさまってほしい問題です。

« 午前保育 | トップページ | ゾウムシVSシマトネリコ »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 午前保育 | トップページ | ゾウムシVSシマトネリコ »

Twitter

放射能関連情報

OKfood