訪 問 者 数

  •  2006.01.22~
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

❀❀❀❀❀

無料ブログはココログ

« 牛乳パックでスツール | トップページ | 鵜の崎☆蟹捕りキャンプ »

なまはげ郷神楽(さとかぐら)

今朝のお義母さんのお誘いは・・・

男鹿水族館GAOにでもいくか?

それとも久々にこまちのお風呂に行ってお芝居でも見るか?

それとも鵜の崎海岸に連れて行くか?

昼ご飯を食べてからどこか行こうかという事で、

お義母さんは車の掃除や歯医者におでかけ。

しかし、帰ってきたころかのの機嫌が超極悪(´‐`;)

なのでお出掛けは明日にしようということに。

                                                            

ところが朝からパチにお出掛けだったパパが、振るわなくて早々と帰還したので

お昼に今年初の、我が家の夏恒例『トマトの冷静パスタ』を食べながら

またお義母さんが今日の予定を組み始める。

湯沢の絵灯籠は今日が最終日だから行ってみるか?

遠すぎannoyとパパがNGサイン。

それじゃあもう少し近場で男鹿のなまはげ太鼓を見に行くか?

→お義母さんと私で話が盛り上がっているうちに、パパは食後の昼寝sleepyに入っていたので欠席裁判でコレに決まり。

18時半出発で男鹿のなまはげ郷神楽(さとかぐら)を見に行くことに。

                                                          

五風(ごふう)という男鹿温泉郷の中にある施設

定期的に行われている公演。

20:30~40分。

男鹿温泉街に泊まっているお客さんたちが浴衣姿でたくさん見に来ていた。

宿泊客以外もOK。

Pic_0042

無料で見るには申し訳ないほどの素晴らしさ。

これはボキャブラリー乏しい私なんかの言葉では上手く言い表せませんsweat01

Pic_0043                                

Pic_0044_2                                 

Pic_0045_2                               

Pic_0048                            

Pic_0049                                                                                                    

                                                                                                             

                                                                秋田でこんなに秋田の観光を盛り上げている存在があるなんて

お義母さんに誘われて行ってみるまでまったく知らなかったYO!

このステージは観光客の心にきっと強烈に残るはず。

地元の私達の心にもガツンと来ましたから!

正直、行くまでは伝統芸能的な堅苦しい感じの太鼓演技なんだろうと思っていた。

でも、予想をはるかに超えるすばらしさ!!!

心臓だけでなく、立っている足のアキレス腱まで、

その太鼓の激しい音にビリビリと震えるほど。

奏者の若者達の情熱、ひたむきさ、パワー、そして技術。

圧巻でした。

はじめのステージでなまはげが叩く太鼓は荒ぶっていて

独特の神秘的な雰囲気も魅せて惹きつけ、

なまはげが怖いはずの子供達も見入るほど。

スカッとするようなめちゃめちゃ振り切って叩く奏者たちの姿に、太鼓の音。

スバラシイ以外の言葉がない。

                                                            

ほんと。スバラシイ!

                                                            

なまはげ太鼓はあの韓国映画IRIS(アイリス)にも出演。

イ・ビョンホンがなまはげに扮してなまはげ太鼓を演奏するシーンもあったのだとか。

イ・ビョンホンがアイリスの撮影で秋田に来て、

一番印象深かったのがなまはげ太鼓だったと、某番組のインタビューでも答えていた。

納得だわ。

                                                               

そして帰りの車から見える星空。

満天の星空!!!!!

自宅のある辺りでは街灯やら町の明かりで星は大きいものしか見えない。

男鹿の空はまだクリアで星が迫るように近い夜空。

子供の頃、そしてルスツでバイトしてた頃に見たあの感動的な星空shine

ふぅ~、、、と感動で心地よいため息がでるステキな近場旅(?)ドライブ(?)

でございました。

                                                               

帰りの車内でお義母さんが一言。

「○○(=パパ)、遊び好きの母がいるってのも、まんざら悪くないベ(笑)?」

パパ&私「んだな~♡(*´∀`)ノ」

私達、出不精な両親では到底連れ歩かないような場所へ、イベントへ、

数々いざなってくれるお義母さん。

感謝です。

3歳と5歳のこの小さな子供達の心には

すでにもうたくさんのステキな思い出がぎゅ~っと詰まっていることでしょう。

私達親までも、経験値をグングン上げられているのは言うまでもありません。

« 牛乳パックでスツール | トップページ | 鵜の崎☆蟹捕りキャンプ »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 牛乳パックでスツール | トップページ | 鵜の崎☆蟹捕りキャンプ »

Twitter

放射能関連情報

OKfood