訪 問 者 数

  •  2006.01.22~
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

❀❀❀❀❀

無料ブログはココログ

« かぐや姫 | トップページ | イチョウの木、ようやく裸ん坊~ »

パンづくり

久々すぎるブログ更新です。

術後の私の体調不良&通院

追い討ちで

子どもたちも代わる代わる体調を崩す

めまぐるしい病の月日を

何とか抜け出せそうな予感。。。

私の後厄ももうすぐ終わるし、

そろそろ普通に戻りたい!

                                                               

先月末頃、お手ごろ価格のホームベーカリーを購入しました。

もしも使いこなせずにお蔵入りになってしまっても

諦めがつく程度の

6千円もしない

本当にリーズナブルなHBですnote

ところがこれがなかなか使えるshine

よって毎日のように、パン焼きを楽しんでいるところです。

子どもたちが、

菓子パンや惣菜パンでなく

食パンでさえもおいしいといって

作ったそばから

あっという間に平らげてくれるのを見て

買ってよかったな~

作ってよかったな~って、

焼きたてパンの香りに包まれて

幸せに浸ってしまいます。

                                                                   

食べ物の製造地や、原料の産地など、

放射能汚染を気にしては

なかなか買い物がはかどらない日々ですsweat02

「食べたいもの」ではなく

「できるだけ汚染の可能性の低いもの」

「汚染されている可能性がある食材は避ける」

そんな選び方で食材を買うようになってしまいました。

既製品に頼らず、

自分で作れば少しでも安心できる。

そんな思いでHBを買ってみたのでした。

                                                                  

自分が毎日作っている料理で

子どもたちを内部被曝させているとしたら

それほど悲しいことはない。

自分の作る料理に毒が入っているかもしれないと思うと、

作る気も失せ、

食欲もなくなり、

一体どうしたらいいのかと

途方にくれてしまう。。。

                                                             

内部被曝0(ゼロ)は

今の日本においては無理なのかもしれない。

これほど流通が発達していて

北から南から食材他、簡単に移動されている世の中だもの。

                                                            

幸い、秋田は奥羽山脈に守られて

比較的放射能汚染は少なくて済んだ土地。

せめて、このあたりの食材を、

あとは北海道や関西以南の食材を、

そう思ってしまうのは

普通の感覚だと思う。

みすみす汚染されていると明らかなるものを

食べて応援など

私はできない。

子どもは自分で選べない。

私が守らなくては。

« かぐや姫 | トップページ | イチョウの木、ようやく裸ん坊~ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« かぐや姫 | トップページ | イチョウの木、ようやく裸ん坊~ »

Twitter

放射能関連情報

OKfood