訪 問 者 数

  •  2006.01.22~
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

❀❀❀❀❀

無料ブログはココログ

« そういえば・・・ナマクエンシス | トップページ | 冬休みスタート&パン道具 »

牛乳ストップ!

明治ミルクのセシウム混入ニュースを見て即、学校の連絡帳に記入。

「牛乳を飲ませたくないので、停止の手続きをしてもらえませんか?」

「停止になるまでは、給食についても残したいのですが、お許しいただけますか?」

という感じだったかな?

先生はわけも聞くことなく

「停止手続きをとらせていただきます」

とお返事をくれた。

先日の資料もきっと見てくれて

分かってくれているのだと思う。

もう、7月の夏休みのはじめの面談時から

牛乳のことについては心配で相談していて

「気になるようでしたら、アレルギーの子と同じような対応で牛乳の停止という対応もできますからおっしゃってください」と言われていた。

それなのに、停止にする踏ん切りがつかずにいた。

『みんな飲んでいるのに娘だけ急に止めたら、浮いてしまわないか?』

そんなくだらないことを心配していた私は愚かだった。

健康第一。

取り返しのつかない病気になってから後悔しては遅い。

心配しすぎで困ることはひとつもない。

のちに

「あの時私って心配性だったよね~大げさだったよね~」

と笑い飛ばせたらそれでいいじゃないか!

                                                           

教頭先生とのお話で、産地表示は難しいと残念な結果だったから

自己防衛は個々にするしかない。

給食に避けたい食材が出たら、残させることをお許しいただきたいということも、牛乳の前にすでにお願いしてあり、順調にいっている。

先生も

「お母さんが気にされているということでご連絡をいただいている、避けなければいけない食材を食べないように、給食のとき本人に教えようと思ったのですが・・・ちゃんと自分で分かっているんですね。どれがダメなのかってこと。私が声をかけなくても、大丈夫のようでした」

                                                            

気にしない人もいるだろう。

気にしてもできない人もいるだろう。

でも、私はやる。

これから先は長いんだ。

子供たちに、

3.11以前までは当たり前だった

「平凡な人生」を送れるように

親の私ができることはできるだけしたいんだ。

普通に笑い、遊び、学び、

恋をして、結婚して、

五体満足な子供を生み育て、

ゆっくり年をとり、

今で言う平均寿命くらいは生きてほしいんだ。

それだけだ。

現実から目を背けない。

逃げない。

毎日、それが私の親としての仕事だと思い、生きている。

« そういえば・・・ナマクエンシス | トップページ | 冬休みスタート&パン道具 »

「ニュース」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« そういえば・・・ナマクエンシス | トップページ | 冬休みスタート&パン道具 »

Twitter

放射能関連情報

OKfood