訪 問 者 数

  •  2006.01.22~
2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

❀❀❀❀❀

無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年4月

体験レッスン♪

いつかピアノを習わせたいと思っていて、

本人の気分の向き加減と

小学校に入って1年、

生活リズムが整ってきたこのタイミングで

ピアノ教室の体験レッスンへ参加してきましたhappy01

同じ学校の4年生の男の子とそのお姉ちゃんが

それぞれ個人レッスンがあったようで、

私たちがちょっと早めに教室に着いたときは

男の子は先に終わっていて

お姉ちゃんを待つ間

待合室で宿題をしていたようです。

すごいなぁ。。。

                                                              

さて、いよいよいのの体験レッスン。

いつもながら

惚れ惚れするほど

人見知りの無さを

人懐っこさを

遺憾なく発揮して

先生が教えてくれることに

ぐいぐい食いついていく勢い。

さすがに初対面で

いのに慣れない先生は勢いに押され気味だったかもcoldsweats01

でも、終始優しくて

丁寧に要領よく教えてくださって、

安心して任せられそうです。

いのは私が教室の後ろで見守っていることなど

全く忘れていたでしょう。

ワクワクをこらえきれずに

鼻を膨らませながら

ニコニコニコニコhappy01

それはそれは楽しそうで、

繰り広げられるレッスンにもう夢中heart04

子供らしさ全快のいの。

見ていてほっこりせずにはいられない!

子育てが楽しい今日この頃happy02

                                                                 

レッスンが終わって

私が事務の方と手続きする待ち時間。

五線譜のホワイトボード、

手続きの邪魔にならないようにと

いのの相手をしてくださってる先生に

物怖じせず

自由奔放に

3色のマーカーを駆使して

説明つきでスラスラ絵を書いてみせるあたり、

私にはとても出来ない、

肝が据わっているというかなんというか、

その度胸を分けてもらいたい(笑)。

                                                                     

来月からレッスンスタートです。

高校合格祝いにおねだりして

両親から買ってもらったキーボード。

23年ぶりに役立つ日がやってきたってわけです!

大事にしといてよかった。

当分はこれで行きます。

200万オーバーのグランドピアノから取り揃えたパンフを渡されたけど、もし本格的にやるようになれば、実家のピアノを譲ってもらい、調律して使うことも可能とのことで。ありがたい。

父母もこんな気持ちで私たちをピアノ教室に向かわせてくれただろうに、私たちはものに出来ずにごめんなさいsad

とにかく、今度はいの。

楽しく、何かしらを習得できればそれでよし。

これからがすごく楽しみnote

✿ฺ:*:・・:*:✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・ ・:*:・✿ฺ:*:・ ・:*:✿

そういえば17日かな?

かのは補助輪はずして3日目あたりで

自転車に乗れるようになってしまいましたsweat01

お姉ちゃんは乗れるまで3年くらいかかったのに

かのは3日!

でも、こういう場合の褒め方は

「かのすごいね~!

いっぱいいっぱい練習がんばってたもんね?

でも、

かのはお姉ちゃんが乗れるようになったのを見たから、

自転車を怖いと思わないで、

自分だって出来ると思って

のびのび挑戦できたんだよね?

それですぐ乗れるようになったんだね!

お姉ちゃんがいてくれてよかったね~!」です(笑)。

あくまでも、お姉ちゃんのおかげでというスタンスで(笑)。

お姉ちゃんも妹に敗北感を感じることなく

うまく収まりましたscissors

自転車のれた!熱が出た!

ここしばらく暖かい日に、

家の前でちょこちょこと練習して

補助輪を外して乗る感覚をつかみつつあったいのが

いよいよ完璧に

「自転車に乗れる!」と言えるまでに上達しましたnote

去年、おととしと、

『教えよう』として

親が主導でやらせているうちはなかなかできず、

『この子は乗れるようになるんだろうか???』

と心配になるほど

センスの無かったいの。

                                                                  

でも、

やりたい時がはじめ時ってのは本当で

このところ、自分なりの練習方法を確立し、

毎日自転車を引っ張りだしてきては

地道に練習していて、

そこに私やパパのの助けは必要なく

一日の終わりに

「ママ!こんなに出来るようになったから見て!」

といって、その日の仕上がり報告を見ればいいだけの役割。

小学2年生。

成長著しい時期でございますheart04

                                                                    

自由自在に乗れることが嬉しくて。

もう嬉しくて、嬉しくて、嬉しくて(笑)!

午前中はパパを連れ出して公園で1時間ほど走り回り帰宅。

お昼を食べてから今度は私が付き添って公園へ。

かのも便乗熱で自分の自転車の補助輪を外して練習。

こちらはまだまだsweat01

私がかのを支えながら練習。

いのは一人で黙々と

ひたすら公園内を走り続けること1時間15分。

気が付けば、

元気印のいの

なんだかおとなしく、

ぐったりしながら自転車をこいでいるcoldsweats01

あれ?顔色も少し悪いような・・・。

午後は公園で2時間遊ぶという約束で出てきたけれど、もう充分でしょってことで引き上げることに。

家に着いて熱を測るとなんと39度wobblysign03

喉も痛いというから風邪なのか?

午前午後合わせて2時間以上乗りまわって疲れてしまったのか?

楽しいことも、夢中になりすぎるといけないってことねsweat02

明日、学校いけるといいけど。

                                                          

かのさんの成長記録。

このごろお手伝いが大好き

お皿洗いたい!

お婆ちゃんにご飯届けに持って行きたい!

お風呂洗いたい!

お掃除したい!

服畳みたい!

ママのお手伝いなんかしたい!

お手伝いな~い?

もう、超可愛い~heart04

                                                               

午後になって疲れてきて

やる気スイッチが切れ掛かっている私に

かのがお手伝い攻撃を仕掛けてくると

なんだか不思議と「よし、私もがんばらなくっちゃ!」ってパワーがよみがえってくるのです。

踏み台に立ってキッチンでお皿洗いをしてくれているかのは

それでもちっちゃくてリビングからは小さな頭がちょこっと見えるだけで、

いっちょまえに

キッチンにいるときの私のように

ご機嫌な鼻歌なんか歌いながら(そこまで真似せんでもhappy02)夢中になってるのを見ると、ほんとにほんとに幸せな気持ちになる。

                                                                  

いのはいののかわいらしさが

かのはかののかわいらしさが

私の疲れをやわらげてくれる。。。

左にかの、右にいの

毎晩子供たちの間でちょっと窮屈に眠るとき

大きく深呼吸して『しあわせ~』って眠りにつく。

今日も一日がんばった。

今日も一日ありがとう。

ママ2年生の記。

今日は小学校の入学式で、

新入生の他には2年生と6年生のみ登校日でした。

いのは登校日。

近所の公園は午前中から、休みの学年の子供たちが来ていて

楽しそうに遊んでいる声がさらさらと聞こえてきます。

平和です。

午前中で学校が終わって帰ってくると

いのがお友達と公園で遊ぶ約束をしてきたっていうので

OKを出しました。

                                                                  

今までは子供が遊びに行くには

私かパパのお供が必須だったけど

先日、

晴れて子供だけの公園デビューを果たしたので

今日は引き続き子供だけで向かわせることにしました。

お昼を食べて、

宿題を済ませて、

時間割などの準備も整えて・・・

時間はあっという間に過ぎる。

でも、目の前に楽しい目標がある時って、

子供はとってもスムーズに動くよねhappy02

                                                                  

今日は大丈夫かな・・・

心配をよそに、

例のおもちゃのような時計をはめて出掛けていきました。

妹も一緒。

1時頃から出掛けて、2時半ごろ。

何か遊び道具を取りに戻ってきたのか

そのままお友達と一緒に家の前で遊んでいた娘たち。

まだ風がちょっと冷たく、

ひるんで戻ってきたのかな?

そこで

家で遊んでもいいよと許可を出したらもう大喜び。

幼馴染の向かいのお兄ちゃん以外、

お友達がうちで遊ぶのははじめてのことでした。

                                                                  

家事をこなしきれず、

家の中がきちんとしているときが少なく、

なかなかお友達を誘うこともできなかったけど、

幼稚園の役員をしたときのママ友さんたちのおうちが

いつもきちんとしていて衝撃coldsweats02を受け

それ以来、

少しずつだけど

きちんとした生活環境を整えようとして

積み重ねてきた時間と

子供たちへの躾で

その日ごとに環境の原状回復ができるように

親子とも成長してきました。

                                                                  

尊敬するママ友さんたちのように

モデルハウスばりの美しさ、かっこよさには程遠いけどcoldsweats01

キチンと感はなんとなく漂ってきたような気がしますbudshine

まだまだがんばらなければいけないけど、

日々、理想を意識して暮らすと

こうも違うものかって実感しています。

                                                                  

モデルハウスというのは

人が住んでいない展示場だからあんなにキレイでかっこいいものなのであって、

実際に家具が入って人が住み始めたらこうはいかないものだと思いこんでいたから、

実際に整然としたおうちでそれが当たり前のように暮らしている人たちとの出会いは、本当に私にとってカルチャーショックでした。

                                                                     

家事、育児、介護、その他もろもろに振り回されっぱなしで、

もうなんていうか、

高速回転のコーヒーカップに乗せられて

目も開けられずにくるくると、眩暈しながら生きていたような私にとって、

この出会いは

重苦しい夢からハッと目が覚めたような、

霞が晴れていくような

そんな素晴らしい出来事で・・・

                                                                 

「私もあんなふうに暮らしたい」

っていう夢を持って、

目標にして、

ちゃんと目を開けて生きていけるようになったきっかけなのでした。

人生のできるだけ早い段階で

快適な空間に暮らす環境を整えられたら

それだけでとても得な生き方になると思いました。

晩年になり身の回りをキチンとできればそれもよしだけど、

毎日の暮らしがはじめからキレイできちんとしていたら、

どれだけ無駄な探し物の時間や

散らかっていることによるストレスなどから解き放たれて

有意義に過ごせることだろうと気が付いたのです。

リアルにキチンと素敵に暮らしているママさんたちとの出会いは

私にとてもいい影響を与えてくれました。

この出会い、プライスレスshine

子供たちにもキチンとした暮らし方、

刷り込んでいかなくてはネwink

                                                           

というわけで、

はじめてのおうち遊びの締めくくり。

いの&かのとお友達に声をかけて、

遊んだところをキチンと元通りにさせて、

「すごいね!みんなで片付けるとあっという間だね!」

なんて褒めておだてて今日はさよなら。

約束の時間を守ること、

お片付けをきちんとすること、

ルールを守ればまた遊べるよということを

みんなで確認しあって、

ちゃんとできたねって達成感を味わって

一日を終わらせることはきっと大事だよねwink

« 2012年3月 | トップページ | 2012年7月 »

Twitter

放射能関連情報

OKfood