訪 問 者 数

  •  2006.01.22~
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

❀❀❀❀❀

無料ブログはココログ

学問・資格

初めてのピアノ発表会

5月から姉妹で通い始めた教室で

レッスンを重ねて迎えた秋のピアノ発表会。

色々わからない事だらけだったけど、

先生や教室のお友達やお母さんたちに何かと教えてもらい

無事に終了しました。

うちの子達はまだまだ「弾いてみた♪」程度のものでしたが

お姉さんたちの素晴らしい演奏を見て、聴いて

とっても勉強になりました。

素敵なお姉さんたちと一緒の教室で学び、

うちのじゃじゃ馬たちもいつか、

あんな風に優雅に弾けるように、

立ち振る舞いも素敵なお姉さんたちみたいになれたら良いなと期待します。

二人とも、お疲れ様でした。

お茶の心

Photo

あれあれ、

懐紙の置き方がさかさまですネsweat01

この日(=今日ではありませんsweat01)のお菓子は鉄線の練りきりでしたlovely

078

いのがピアノとほぼ同時進行のタイミングで

実家の母にお茶を教えてもらっています。

本気モードというより、

いのの「お茶もやってみたい!」に対して

まずはなんとなくイメージがつかめるように、

礼儀作法やおもてなしの心、

美しい所作、 

一期一会の出会いや

移りゆく季節。

私もこれまでやったことがないので、

なんとなくしか分かりませんがsweat01

そのようなことについて

いつもきれいな美味しいお菓子を用意して、

まだ子供のいのでも楽しめるようにいつも工夫して準備をしてくれています。

 

「孫におばあちゃんが教えたいのだから月謝は要らない」

といってくれるのだけど、

ただで本当に身につくものはないと思うし、

お金を掛けて習うことにより、

真剣にやろうという志につながって欲しいから

せめてこれだけはと、

必要経費に間に合っているのかどうかという格安月謝で教えてもらっていますconfident

ありがたいことです。

小さい頃に母に勧められ、誘われたけど

この私ときたら

ピアノもそうだし、

お茶やお花など、お淑やかな女の子らしいことについて

全く興味のない娘だったためcoldsweats01

母の季節ごとに「野にある如く」草花を楽しむ姿や

節句や行事の日々への取り入れ方や

お客様のおもてなしなどを

生き生きと楽しそうにしている母の姿

子供としてそれが当たり前のことのように

そばで感じているに過ぎませんでしたが、

今思うと、幸せな環境で育ったんだなとしみじみ思います。

 

袱紗の扱い方がいのにはまだ難しく、

いっぱいいっぱいtyphoonになってしまうので、

今のところ、

自分できちんとお茶を立てるという手順は習っていません。

でも、しゃかしゃかと茶筅でお抹茶を点てるのには興味津々なので

手順はすっ飛ばしてお茶を点てる真似事などはさせてもらったりもしましたが、

きちんとはまだまだ出来ませんcoldsweats01

 

ご挨拶をしてどのようにして立ち、

どちら側の足から先に入るかとか

足の運び方とか

お部屋に入り、掛け軸やお花を見て

どのように感じるのかとか

お菓子をいただくときの懐紙の使い方や

お菓子の食べ方、お菓子の種類、

お茶碗の持ち方やいただき方や

戻し方など、

今のところは主に「お客さん」というか、

お茶をいただくほうのお稽古ばかり楽しんでいますnote

いのにとって、

お茶菓子が何よりも楽しみなのです(笑)。

でも、

だんだんきちんとできるようになってくれたらいいなと

一からきちんと覚えていけたらいいなと思っています。

いのに並んで、私まで一緒に教えてもらっていたりしますが

気がつけば、

いの&かのは、

お茶をいただく一通りの流れを終え

じいじのお家の近所の子供たちと遊びに飛び出していってしまい

母と私が二人でお茶をしているということもしばしば(笑)。

昔は全く興味がなく、むしろ嫌だと思っていたお茶やお花も

この年になってみれば

すんなり入ってくるというか・・・

面白いものですhappy01

 

今日はとあるイベントでお茶会があり、

おばあちゃんたちに連れられて行って来ました。

お運びする人

いのにはきちんとご挨拶つきでお茶を運んだり、下げたりしてくれたのだけど、

なぜかかのの時には無言だったようで、

いっちょまえに、かのもそこそこお稽古をして

なんとなく分かっていて、

お礼のご挨拶をしようと待ち構えていたのに肩透かしになっちゃって

まるで

「こんな小さい子には何も分からないのだろう」とでも言わんばかりに

適当にされてしまったことに、

落ち込んでがっかりしたり、悔しがったりしていました。

相手がどんな人であれ、子供であれ、大人であれ、

同じようにしてくれればいいのにね。

でも、そんな事を悩めるあなたはなかなかよ(親馬鹿)smile

そしておばあちゃんが教えてくれていました。

 

「大人相手にはちゃんとして

子供が相手だといい加減にやってっていうのは

なんだか気分のいいことじゃないな~ってわかったから、

かのちゃんが大きくなって

お茶をやるようになったときはね、

どんな相手でも同じように心をこめてやれるような人になろうねhappy01

 

いのは今日の干菓子が綺麗で美味しかったとご満悦だったし

かのもなんかいいこと学べたし

充実の体験でしたnote

港祭りの満腹コース&ちょこっとハンドメイド

パパが夜勤明けだったので

一眠りしてから夕方前頃に4人でお出かけ。

実家に妹弟夫婦が勢ぞろいする事になっていて、

その前にさっとお祭りを見に行ってきました。

実家に車を停め、

じいじにお祭りの通り近くまで送ってもらって

帰りも迎えに来てもらうという

至れり尽くせりでスミマセンsweat01

パパの夜勤明けに免じてお許しをsmile

例年、臨港署の交差点からお祭りの通りに入っていくと

すぐ左手に高価なものを扱う出店がありますcoldsweats01

1500円のシャボン玉が出る鉄砲とか

光るなんかとかsweat02

もう、親泣かせの

これ1回で1500円ですよ(笑)!?

 

姉妹二人で一気に3000円なりbearingうひゃー!

 

子供たちが

「来たー!ワーイ!お祭りnoteお祭り!何買おう!?」と、 

がっついているところに

shineそれshineが目に入るともうロックオンlovely解除不能ですsweat02

 

ところが、

今年はたまたま紳士服のマスカットの通りから入って歩いていったら

まずはクレープ。

食べ終わってすぐバナナチョコ!の流れでした。

 

気の毒に、

 

いきあたりばったり無計画だから

かのなんてチョコバナナクレープを食べた後にすぐ

お姉ちゃんがバナナチョコを食べたいというので

負けじと自分もバナナチョコ。

 

そう、

チョコバナナbananaクレープからのバナナbananaチョコnote

きっと、

そりゃもう苦痛を伴うお腹いっぱいだったことでしょう(笑)。

ちなみにお姉ちゃんはイチゴクレープだったから

楽しくお腹いっぱいだったことでしょう。

 

さて、そんな感じに

満腹wobblyまったり気分になってから

例年ロックオン解除不能に陥る高価な出店の前を通っても二人はスルーcoldsweats02sign03

なんと今年は全く興味を示さずhappy02

パパは「二人とも、買いたいものがすっかり変わっちゃって、なんか成長したな~」なんてしみじみでしたが

私の分析では

二人ともスタートで食欲が満たされ

飽和状態で

物欲が抑えられ、

出店見物&お買い物は

もうどうでもよかったって感じじゃないかとsmile

その後2回くらいキラキラとか掴み取り系をやって

綿あめ買ったらもう

「疲れた~帰りた~い」って。

来年からも、臨港署の通りからではなく

お腹いっぱいマスカットコースで行くことに決定じゃ(笑)bleah

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

実家での宴会は甥っ子がかわいい盛りの2歳くん

いの&かの二人はその小さくてかわいいheart04従兄弟を構いたくってもう仕方がない。

耳がおかしくなるんじゃないかというほど

子供たちの声が響き渡りsweat02

母のおもてなし料理をお腹いっぱいご馳走になりhappy02

親戚一同で楽しいひと時でした。

 

ゴールドペーパードライバーの私は

こんなときだけ車を運転する事になります。

手に汗握る慣れない運転で

疲れてはいたんだけど

帰宅してもなんだか目が冴えちゃって眠れないcoldsweats01

そこで

ちくちくと作りたかった小物を作ってみました。

052


なんでしょう!?

ペットボトルホルダー!?

いえいえ。

053


底はこんな手抜き簡単仕上げsmile

ひねって中で絞った先の布を

お花のように丸く広げて底面の衝撃緩和狙い。

054

はい、正解はnote

トイレの消臭スプレー缶のカバーなのでしたhappy02

ルームフレグランスとかもいけるかな?

055_4

ダイソーで見つけたスッキリ可愛い端切れnote

それに¥100アイテムのレース類を縫い付けて

あの仰々しい消臭スプレー缶の柄が見えないようにしちゃいましたhappy02
そんなものにカバーなんかつけてどうするか?

と言われそうです。

時間の無駄とも言いますが、

まぁ、いわゆる自己満足です(笑)bleah

みんなでピアノ♪

いのがピアノを始めて2ヶ月くらい。

気分の乗る日も乗らない日も、

何とか頑張らせてほぼ毎日鍵盤に触れさせてきた。

気がつけば、いのが口ずさむときはドレミで歌っていたりする。

 

学校の準備を済ませて欲しくて

「やるべきことを早くやってしまいなさい!」と気合いをかけると

なぜか優先順位は

 

宿題<ピアノcoldsweats01

宿題やれ!宿題を!!!

 

幼稚園か小学校の頃に軽く習っていた程度の私には、

深く教えることは出来ないけど、

一緒について練習をする事は、

まだ今のところは、かろうじて出来ますsweat01

 

指定のテキスト以外でバッハのメヌエットを練習中。

このテキストは先日、実家の断捨離助っ人に行った時に小屋から出てきたもの。

ところどころにメモがあり、

私か、妹がはるか昔に使っていた形跡あり。

それを家で練習していてたのだけど

いつだか間違えてレッスンバッグに一緒に詰め込んでいってしまったら、

先生が「これもやっていきましょう♪」と教えてくださることにheart04

しかし、レベル的にはまだまだ先の楽譜なので

先日のレッスンでは左手が出来ずに、悔し泣きをしてきた模様coldsweats01

「すみません。泣かせてしまってsweat01

先生が申し訳なさそうに報告してくださったけど

「ビシバシお願いします」とwink

 

悔し泣き、結構good

 

負けず嫌いはいいことですheart02

 

負けたくなくて、間違いたくなくて、

 

その悔しさを、

 

頑張る気持ちにに変えられたなら

 

負けず嫌いはいののパワーの源になるよshine

 

『出来るまで頑張る』とはどういうことか、

合間合間に私もピアノを弾いてみせた。

子供たちが遊んでいるとき、宿題しているとき、

なんでもない時々にただひたすら練習して見せた。

「見なさい」とか「聞いてなさい」とかは無しで。

いのと同じ立ち位置のつもりで。。。

間違ったところを間違わなくなるまでやる姿を見せた。

 

いのに頑張るとはどういうことかを教えるために練習していたら

副産物で私も30年ぶりくらい?にピアノがちょっと弾けるようになっちゃったhappy02

あんなに下手っぴだったママがちゃんと曲を弾くようになったのに気がつくと

いのもかのもピアノにますます食いついてきたよ。

思うツボhappy01scissors

 

その後、いのの自由帳にこんな決意表明!?が。

 

ピアノのときのやくそく

 

・しせい正しく。

 

・おちついてやる。

 

・手をあらってからやる。

 

・がくふをきちんと読む。

 

・ふざけないでやる。

 

・あきらめないで何回もやる。

 

・にがてなばしょをたくさんれんしゅうする。

 

・にがてな曲をなくして、すらすらとひけるようにがんばる。

 

・いすからおちないようにきちんとすわって言うとうりにやれるようにする。

 

・先生や教えてくれる人の言ってることを聞く。そしてあいさつをする。

 

ツッコミどころ満載で

なんか後半は涙が出るほど大爆笑しちゃったんだけど、

ママの思いが伝わった気がして、嬉しかったconfidentheart04

 

まだ一段目だけだけど、

何度も何度も練習して

両手で弾けるようになったとき、

いのの顔が輝いたshine

次回のレッスンでどれだけどや顔して先生に見せてくることだろう(笑)。

いののおかげで、

かのまでまねっこしてピアノを触るように。

さらに楽譜も読めないパパまでが

「よし!俺もかのと一緒にピアノやるぞsmile

なんていって絡むものだから、

子供たちのモチベーションupupupです。

 

レベル的にパパが一番下とみなされ

パパが来るとちびっ子二人はまるで先生のような口ぶりに(笑)。

家族みんなで楽しくピアノ覚えていこうnote

体験レッスン♪

いつかピアノを習わせたいと思っていて、

本人の気分の向き加減と

小学校に入って1年、

生活リズムが整ってきたこのタイミングで

ピアノ教室の体験レッスンへ参加してきましたhappy01

同じ学校の4年生の男の子とそのお姉ちゃんが

それぞれ個人レッスンがあったようで、

私たちがちょっと早めに教室に着いたときは

男の子は先に終わっていて

お姉ちゃんを待つ間

待合室で宿題をしていたようです。

すごいなぁ。。。

                                                              

さて、いよいよいのの体験レッスン。

いつもながら

惚れ惚れするほど

人見知りの無さを

人懐っこさを

遺憾なく発揮して

先生が教えてくれることに

ぐいぐい食いついていく勢い。

さすがに初対面で

いのに慣れない先生は勢いに押され気味だったかもcoldsweats01

でも、終始優しくて

丁寧に要領よく教えてくださって、

安心して任せられそうです。

いのは私が教室の後ろで見守っていることなど

全く忘れていたでしょう。

ワクワクをこらえきれずに

鼻を膨らませながら

ニコニコニコニコhappy01

それはそれは楽しそうで、

繰り広げられるレッスンにもう夢中heart04

子供らしさ全快のいの。

見ていてほっこりせずにはいられない!

子育てが楽しい今日この頃happy02

                                                                 

レッスンが終わって

私が事務の方と手続きする待ち時間。

五線譜のホワイトボード、

手続きの邪魔にならないようにと

いのの相手をしてくださってる先生に

物怖じせず

自由奔放に

3色のマーカーを駆使して

説明つきでスラスラ絵を書いてみせるあたり、

私にはとても出来ない、

肝が据わっているというかなんというか、

その度胸を分けてもらいたい(笑)。

                                                                     

来月からレッスンスタートです。

高校合格祝いにおねだりして

両親から買ってもらったキーボード。

23年ぶりに役立つ日がやってきたってわけです!

大事にしといてよかった。

当分はこれで行きます。

200万オーバーのグランドピアノから取り揃えたパンフを渡されたけど、もし本格的にやるようになれば、実家のピアノを譲ってもらい、調律して使うことも可能とのことで。ありがたい。

父母もこんな気持ちで私たちをピアノ教室に向かわせてくれただろうに、私たちはものに出来ずにごめんなさいsad

とにかく、今度はいの。

楽しく、何かしらを習得できればそれでよし。

これからがすごく楽しみnote

✿ฺ:*:・・:*:✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・ ・:*:・✿ฺ:*:・ ・:*:✿

そういえば17日かな?

かのは補助輪はずして3日目あたりで

自転車に乗れるようになってしまいましたsweat01

お姉ちゃんは乗れるまで3年くらいかかったのに

かのは3日!

でも、こういう場合の褒め方は

「かのすごいね~!

いっぱいいっぱい練習がんばってたもんね?

でも、

かのはお姉ちゃんが乗れるようになったのを見たから、

自転車を怖いと思わないで、

自分だって出来ると思って

のびのび挑戦できたんだよね?

それですぐ乗れるようになったんだね!

お姉ちゃんがいてくれてよかったね~!」です(笑)。

あくまでも、お姉ちゃんのおかげでというスタンスで(笑)。

お姉ちゃんも妹に敗北感を感じることなく

うまく収まりましたscissors

発明家への道

時々、TVや雑誌などで「主婦の大発明!」みたいな特集があるのを見たりすると

すごいなぁ~って思う。

日常のちょっとしたアイディアが大発明になるんだなぁ・・・。

そして大金持ちかぁshineshineshine

うらやましい~happy02

私もいつか発明家になってみたいものだわheart01

・・・・・と思い立ち、呆れた事に数年前に特許庁に申請して、特許申請するときに必要となる識別番号なるものを付与していただきました。

もちろん、いまだに特許申請なんてできてやしませんが(笑)。

でもこう見えて常日頃、不自由・不便な事に気をつけていて、便利に変える発明ができないものかとアンテナを働かせているのです。

そうしていると、発明とはいかないまでも日常にできる工夫が色々見つかって楽しいわけですnote

特許や実用新案についての本を読んだり、アイディアが浮かぶとメモにまとめてみたり・・・

いつぞやは県庁で時々行われている弁理士(特許申請のプロフェッショナル)の無料特許相談なんぞにも足を運んで、どうしたらいいのか相談してみた事もありました。

旦那には「そんな簡単に誰にでもできることじゃねえベ」と軽く鼻で笑われて終わりです。

確かにネbleah

でも、どんな発明家も発明するまではただの人。

生まれたときはみんな同じで赤ん坊。

やってみなくちゃわからない。

できるところまでやってみる。

一歩づつ、少しづつ。

私の思考タイムは主に寝かしつけの時間。

自分はまだ眠りたくないし、やらなきゃいけない仕事がいっぱい溜まってるのに、チビどもから離れられないという苦痛な時間を、私の自由時間に変える。

寝かしつけの時、身体は不自由でも頭の中は自由!!!

時々浮かぶアイディアにピンとくればとても楽しい時間に変わる。

工作のアイディアとかデザインとかもこの時間から生まれる。

いいアイディアが生まれるともう、チビっ子たちが寝付こうが、寝付くまいがもうどうでもよくなるsmile

子供たちのそばで横たわり、体は休めながら頭の中でイマジネーションが膨らむ。

今日は・・・

もしこのアイディアを商品化するとしたらそのネーミングはどうするか?

なぁんて、たわいもないことを考えていてビビッときたので珍しく睡魔に襲われずに起きて来て、また特許について勉強してみて朝になりました。

わははhappy02

なんてお馬鹿さんなの、私ったらchick

数年前に読んだ本だったので、ほとんどの内容を忘れてしまってましたけど・・・sweat01

あ~なんかまた夢見させてもらったよ。

楽しかったnotes

でも、特許申請とか、手続きには結構いい費用が掛かっちゃうんだよねsweat02

ま、とにかく書類の作り方とか図面の描き方とか、図面を描く道具とか・・・

まだまだ勉強は山積みだ。

でも、いつかは私も主婦の大発明家!

なぁんてね。

脳トレ感覚でこんな趣味もいいでしょう(笑)。

今日はいのの終業式だわ。

幼稚園の願書交付へ

10月1日から始まっている幼稚園の願書交付・受付。

いのも来月で3歳になるし、来年から3年保育で通わせようということでパパも一緒に幼稚園を見に行ってきました。

近くの幼稚園は3つほどあるけど、小学校に上がるときの学区のことを考えると2つに絞られる。

小さいほうの幼稚園は以前一日保育で遊びに行ったことがあったので今日はまず初めに行ったことのない幼稚園の方から下見に行ってみた。

大きくて、広くて、キレ~イ!!!

ここ数年のあいだに新築された模様。いのはのびのびと走り回る年少さんのクラスの中に違和感なくふら~っと入り込んでいって一緒に遊び始めた。

『あ~、いいなぁ。来年こうしていのも幼稚園児になるのかぁ・・・』

下見なのにちょっと泣けてきた。

丁寧に園内や教育方針を説明してもらい、とりあえず願書をもらって次の幼稚園へ・・・

こちらは玄関先で男の先生がぶっきらぼうに願書を持ってきて渡してくれただけ(´Д`;)

小さい方の幼稚園は少人数制で全員に先生の目が行き届くことが売りらしいけど、うちのいのはそんなに丁寧に先生たちに見つめていてもらいたいわけじゃないんだよね。どちらかと言うと有り余る元気を発散させて、い~っぱいお友達ができて遊べるほうがいいんだと思うんだよね。

そう考えると、ちっちゃな幼稚園に行かせるより、大きくて明るくて人数の多い幼稚園に入れてあげるほうがいいと思うから・・・

たぶん今日初めに見た規模の大きい幼稚園に入れることになると思います(≧∇≦)b

✿ฺ:*:・・:*:✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・ ・:*:・✿ฺ:*:・ ・:*:✿

パパが仕事行ってるうちに空いたPCで子供たちが寝ている夜中にやっとのことであかつくのデータ更新をした。

今回は4か月分の更新だからなかなか大変だった( ̄ー ̄;)

1か月分3枚の写真とそれに対するコメントと、その月にできたことなどについてのメッセージを所定の文字数や形式で入力するんだけど、溜めちゃってたからこれが大変。

でもなんとか締め切り前に終わらせられたよ~。

パパの方のじいじ

普段『じいじ』と言えば私の父のこと。

パパの両親は離婚しているので『パパの方のじいじ』はしょっちゅう会える存在ではありません。

夫婦は別れれば他人。(とはいってもお義母さんたちはめったにないものの、用があれば友達のように話しができるすでに割り切ったあっさりした関係のよう)

でも、親が別れても親子は血が繋がっているからね。パパは人生の節々で彼のお父さんとのコミュニケーションがあり、私達に子供が生まれてからは前よりも交流が増えた気がします。

昨日の晩、お正月以来の久しぶりでお義父さんからパパの携帯に電話が来て、こちらに来るのでちょっと寄るとのことでした。

来月からは今の『大型自動車免許』が『大型』と『中型』の2種類に分類され、それぞれ別に取得しなければならなくなるとのことで、分類される前の駆け込み取得(?)で今日こちらに来たようです。

そして「遅くなっちゃったけど・・・」と、かのにお祝いを持って来てくれました。

前に会ったときには人見知りをして泣いちゃったいのも、今日はすぐに慣れ、じゃれて遊んでいました。

「ひこーきちゅちゅって!(飛行機作って)」

「はい、これどーじょー、じいじたべてね♪」

おもむろにお義父さんの髪をもちゃくちゃにしたり、紙とペンを持ってきて「アンパンマン描いて!」っておねがいしたり・・・。

『パパの方のじいじ』は照れくさいのか、小さい子供になれていないせいなのか、戸惑っているようでした。

それでもかのをだっこして、いのも反対の膝に乗せ、切なくおだやかに微笑んでいました。

結婚してから一度もお義父さんに父の日のプレゼントを贈ったことはありません。でも今年はちょうど内祝いを届けに行くついでのようにして父の日のプレゼントができるかもしれないな~と思ったのでした。

管理人の輪を作ろうバトン

バトンは苦手なのですが・・・。

『管理人の輪をつくろうバトン』

というものをougizakari父さんから預かりましたので夫婦代表で今回は私がバトンを受け取ってやってみることにします(^_^;)

★バトンのルール

廻してくれた人から貰った質問に答えること・・・。

●Q1:あなたは昔は何系でしたか?(ヤマンバ、ヤンキー、オタクなど)

普通の女の子。

●Q2:あなたは昔何か習いごとをしてましたか?

幼稚園の頃、ヤマハピアノ教室

→自分が演奏する係りのとき、周りでお友達が歌いだすと心地よくなり睡魔に襲われ眠ってしまう。鍵盤が2段になっているエレクトーンの下の段は手で、上の段を『舟を漕いで』頭で弾いてしまう癖があり、よく先生に起こされ、お友達に笑われた。幼心に自分はピアノなど向いていないと悟り、母に頼んでやめさせてもらう。

小学校の頃、珠算(そろばん)

初恋の男の子が通っていたので、母に頼んで習わせてもらったら、充分に修得した彼は翌月くらいで珠算教室をやめてしまい、下心で通い始めた私には何の意味もない習い事になってしまった。ある程度修得し、折を見て母に頼んでやめさせてもらう。

→他にも、アスレチックスイミングスクールとかにも行ってたような・・・?

OLの頃、カルチャースクールのストリートダンス教室

→友達と2人で興味本位で見学に行ったら面白そうだったので週一で半年くらい通った。冬になり、金曜の仕事あがりからナイターでスノーボードを滑りに行くことが増えて教室に通えなくなったのでやめてそれっきり。

ちょっとしか習わなかったけど、これは楽しかった!いろんなステップができるようになったときの面白さ、いい汗を流す爽快感・・・。ただ、こういうリズム感とか振りのセンスとかが必要なダンスなんてのは、3歳くらいとか、本当に小さい頃からやってないとなかなか身につかないんじゃないかって気がした。教室の若い子達がいっぺんで覚えちゃうステップなどがなかなか飲み込めず『先生の動きを見たままに自分が動けない』もどかしさ、ミラーに映るへっぴり腰や怪しい動きになっちゃってる自分の哀れな姿・・・。まぁ、いい思い出になったけど(笑)!

●Q3:今と昔、一番変わったなーと思うことは?

家族を大事に思うようになった。

昔は恋や友達との付き合いが一番大事で、家族行事(お盆・正月・誕生日など)は二の次三の次だった。今は家族そろってわいわいやってる時をとても楽しく思うようになった。

●Q4:今と昔、変わらないなーと思うことは?

今も昔も寝てる時が一番幸せ。何もする事がないなら一日中寝ていたい。

●Q5:昔からのトラウマはありますか?

車の免許を取りたての頃、母の新車の軽で練習させてもらっている時、信号待ちの交差点の一番先頭になり、発車しようと思ったらボンネットから煙が上がって全ての警告マーク(エラーマーク?)が点灯し、パニクってしまった。後ろの車にクラクションは鳴らされるわ、頭が真っ白になり運転できなくなるわ、母と運転を交換してもらいなんとかすぐ脇のタクシー会社に車を寄せて見てもらったが原因わからず・・・。どうにかしてうちまで帰り、数日後の半年点検で『踏みすぎによるクラッチ盤(板?)の磨耗→焼けて壊れていたらしい』という事で、わずか半年だってのに私の運転によって車を傷めちゃったんだって(たしかお金も結構かかったような・・・)母はご機嫌斜めだった。

今の旦那の車も、買って1ヶ月足らずでかなり深くこすってしまい修理代は値切って4万8千円。(頼まなかったけど、ディーラーでは7万3千円とか言われた)。旦那が夜勤で帰宅して眠っている間に、そして娘が昼寝してくれた隙にパッと行って帰ってこようと、98円のカレーの特売があった遠いスーパーに夕飯の買い物に珍しく車を借りていったときの惨事。今までで一番高くついたカレーになりました(。´Д⊂)

1台前の旦那のRV車では、ここに引っ越して間もない頃、近くのスーパーに買い物に行ってみようと思い立ち、いつも自分が徒歩やチャリで通る道を入っていったときのこと。道がどんどん狭くなり、前進ですら下手なのに、そんな細い道をバックで戻るなどとうていできるはずもなく、前進あるのみ。もちろん・・・ミラーをガリッとやってしまいました。ミラーのたたみ方も分からず、一人であたふたと助手席側にも身を乗り出してミラーを手動で折りたたみ、奇跡的にミラーを軽くこすっただけでその道を通過できたのは今でも信じられません。

帰宅して旦那に報告したら「毎日運転してる俺たちですら通れない道だよ!あの道は軽でもよっぽど通りなれた上手い人でなきゃ通れないって!」って呆れられた。旦那の義弟も私のこの武勇伝を聞き「でぇ~!!!?」ってそりゃあもう驚いて「なんであんなところ通ろうなんて思ったの?」って聞かれてしまった。

通ろうと思ったんじゃなく『車じゃとうてい通れない』ってことに気づかなかっただけ(´Д`;)いつも歩きやチャリだから、何度も通っていても車じゃ無理な細い路地だとか、一方通行なんだとか全然認識できてないのです。

というわけで、トラウマは『車を運転すると車を壊す』

・・・私はピアノだけじゃなく車の運転も向いていないと思う。

●Q6:昔なりたかったものは何ですか?

歌手、女優、ケーキ屋さん

●Q7:あなたの昔の失態を教えてください。

OLの頃、年上(当時30歳前後)のバスケットボールのクラブチームの方々とのコンパの時のこと。(この頃は、彼=今の旦那と別れ中)。たまたま隣に座っていた、俳優の吹越満(ふきこしみつる)さん似のキャップをかぶった男の人とお喋りをしていて「○○さんって帽子をとったらどんな感じなんですか?」って帽子のツバを指でつんとやってとってしまった。

「あ~、俺ダメなんだ~・・・」ってキャップを押さえようとした彼の言葉もむなしく、勢いで一瞬にして落ちてしまった帽子の中は薄かった。

動揺して慌てて彼に帽子をかぶせた私のフォローの言葉がダメ押しだった。

「わぁぁ!すいません!帽子かぶってた方がいいですね!?」

おぉーいっ!なんてこと言ってんだ、私っ!

でもいい人で「一応初対面の時はビックリされると困るから帽子かぶることが多いけど、次はそのまんまだよ(笑)」って私をフォローしてくれました。たしかに、バスケを見に行けば帽子などかぶらずそのまんまでいらっしゃいました。

●Q8:今と昔の異性の好みを教えてください

今→10年くらい前の彼=旦那

昔→木梨憲武さん・鹿賀丈史さん・江口洋介さん・柳葉敏郎さん・織田裕二さんなど・・・。

タレントさんなどにどっぷりハマるタイプではないので『こんな感じの人、なんとなくイイなぁ~』っていう程度の『好み』だけど・・・。

●Q9:できるなら、あなたの昔の写真をはりつけてください

しょしくて(秋田弁=恥ずかしくて)できませんです。  

●Q10:過去を知りたい10人に回してください。

バトンほしい人いませんか~?

はいはいどうぞ~!?

FREE TAKEでおねがいしますね!

・・・ってな感じでよかったのかな?ougizakari父さん、バトンUP遅くなっちゃってごめんなさいね!

娘の進歩♪すべり台

お散歩に行って公園で遊んで、帰ろうと思ったら向かいの4歳児君とママが公園にやってきた。娘は再び遊びたいモードに!

サッカーボールを持ってきた彼について歩き、なんでも真似をする。

すべり台に登り、勢いよく滑る4歳児君に続こうと、すべり台の階段の下で「ん!ん!!!」とアピールする娘。

抱っこして1段づつ登らせる。滑らせる・・・。

そうして何度かやっているうちに、なんと娘、4歳児君の見よう見まねか、階段の手摺りにぎゅっとつかまり、慎重に1段1段登り、なんと!!!

1人で上まで登ることができました

( ̄∇ ̄ノノ"パチパチパチ!!

今日が初めてです♪

でも、相変わらず滑り方は激しく、本人も成長して恐怖感が芽生えたものか、ひきつった顔つきですっ飛んできます(笑)。

・・・上手に滑られるようになるのはまだ先かな?

✿ฺ:*:・・:*:✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・ ・:*:・✿ฺ:*:・ ・:*:✿

今日のお昼。

Dscf2847                                         

                                  

ふんわり卵あんかけ♪鮭チャーハン。

キクちゃんかなりお気に召したらしく、いつもは義弟やお義母さんにと、分けて残しておいたりするのに、今日は全部1人で平らげてしまったって(≧∇≦)b

キクちゃんも、私と同じで『あんかけ』に弱いらしい(^-^)

晩御飯にはカレーを作ったけど、遅くて隣の晩御飯には間に合わず、明日食べてもらうことに。『2日目のカレー』ってことで、ちょうどいいのかな!?

カレーを作ったけど、我が家の晩御飯もカレーじゃなかった(^_^;)

一緒に買い物に行った旦那が『コレ!』っていうんで、今日は冷麺。

Dscf2883                                   

                                     

ぴょんぴょん舎の盛岡冷麺だって。                                    

Dscf2888                     

                   

                   

私達夫婦は冷麺好きです。基本的に我が家で食べる麺類はなんでも具沢山ということが多いです。だから、外で冷麺を食べると具がさみしくて、物足りなさを感じちゃったりします。・・・食べすぎですね(⌒▽⌒;)

✿ฺ:*:・・:*:✿ฺ ・:*:・・:*:・✿ฺ ・:*:・ ・:*:・✿ฺ:*:・ ・:*:✿

夕方、金曜の夜から八幡平方面へ山菜採りにこもっていたお義母さんが帰ってきました。

今回はしどけがたくさん!!!

あいこはそろそろ年寄りすぎて、硬そうな・・・( ̄ー ̄;)

また実家にも届けに行って来ました。

実家の母は今日、千秋公園でのお茶会のお手伝い。毎週習いに行っているお茶の先生にお手伝いに行ったようです。一応母も若い頃に師範代かなんかの資格は取っていたようですが、それでもまだまだ勉強になる事があるといって、先生に教わっているそうです。

着物で朝8時頃から夕方までかかり、充実の一日だったようです。お手伝いのお礼に和菓子やお茶花のお裾分けをいただいてきたからと、私達にも和菓子をさらにお裾分けしてくれました。

Dscf2908                                    

                                  

なんか、ちょうどいいお皿も懐紙もありません(´Д`;)

『あやめ』だそうです。

今晩は疲れちゃって山菜の処理は放棄です。

Twitter

放射能関連情報

OKfood